資格を持っていてもやらない?潜在保育士が働かない理由

保育士.net

潜在保育士

園児と先生

資格を取っても働かない潜在保育士

国家資格である保育士資格を取得して一度は採用されて、児童福祉施設で働いてたのに職場復帰をしないというのが潜在保育士です。近年の需要が高まっている一方で様々理由から潜在保育士が増加していることが問題視されています。

アルバイトは多くても保育士は少ない

近年では待機児童問題なども相まって慢性的な保育士不足の問題点が顕著になってきました。いろいろな理由で職場復帰できない保育士や就職できない保育士候補の代替策としてアルバイト補助などが多くなっていますが、根本的な解決ができていないのが現状です。

潜在保育士のほとんどはやりがいを感じていた。

実際に働いていた元保育士の意見を聞くともともと子どもが好きでやりがいを感じて業務に励んでいた、という人が多いのですが「低収入」を理由に保育士を続けられないという意見がほとんどでした。いわゆるやりがい搾取に限界を感じ生活が成り立たなくなった、という問題の一例であるといえます。

保育施設の職場の人間で苦しむ

「低収入」の次に理由として挙がっているのが「人間関係」です。職場の保育士同士でもプライベートでの経験の差などから育児観の違いに衝突し、職場環境が険悪なムードになるといった事例も少なくないようです。保育士間の人間関係の改善なども潜在保育士を減らす重要な案件であるといえます。

保育士よりもアルバイトのほうが負担が少ない

保育士の場合、勤務時間に融通が利かなくてプライベートでの育児などに影響が出る場合などを鑑みると、保育士のアルバイトなどのほうが給料が高いというのも問題視されています。実際に「アルバイトのほうが保育士の時よりも就業時間が少ないのに給料が上がった」という声も寄せられています。これらの問題を解消しなくては保育士の就職や潜在保育士の問題解消は難しいです。