保育士になりたいと思った時にあなたにできることとは?

保育士.net

保育士のニーズは今が一番熱い

以前から保育士になりたいという人は多くいました。しかし、近年では夫婦共働きが当たり前になってきており保育所・託児所の利用が高まってきています。そこで今一度ここで保育士になる為に必要なことを知りましょう。

保育士育成講座

園児と先生

なぜ保育士になりたいのか?

「子どもが好きだから」「自身の経験が活かせるから」と保育士を目指す人によってさまざまな理由があります。また、特に女性の就職先としても人気で、プライベートでの経験が活かせることだけではなく産休後の復帰もしやすいという点でも保育士を目指す人は多いようです。

保育士資格は一生活用できるのが魅力

保育士は以前から人気の仕事でしたが、採用する需要が高まったことを契機に平成15年に国家資格になりました。これを一度所得してしまえば年齢にかかわらず、資格を活かしていくらでも保育の仕事に携わることができます。

保育士試験は受験資格が必要

保育士になりたいと決起しても、いきなり保育士試験を受験できるわけではありません。大学で必要単位を取得した人、専門学校や養成課程を卒業した人、児童福祉施設などで実務経験がある人などいずれかの条件を満たしている必要があります。まずそちらをクリアしているか確かめしょう。

通信講座を使った保育士養成ルート

基本的には大学や専門学校でそれ相応の養成課程を経て、保育士試験に臨むという人が多い中「通信教育などで学んでから保育士試験に挑戦する」という人が増えています。こちらは30~40代の人が希望する場合が多いです。未経験をはじめとして人材需要の高まりから、「一度は社会に出たけれど改めて目指してみよう」という人が多い裏付けなのかもしれません。

通信講座なら何歳からでも保育士を目指せる

国家資格となったこともあり、保育士試験の試験範囲は広く、独学で勉強して合格するのには無理があるでしょう。そこで社会人や専業主婦をしている人にとって自分のペースで学べる通信講座が便利との声が大きくなっています。こうした利点をもとに保育士を目指したいという人は増えています。