保育園で働く前に就職場所はきちんと調べよう!

保育士.net

保育士になる前に知っておきたいこと

園児と先生

保育士育成講座

保育士のなるにはルートがいくつかあります。専門学校や大学で養成課程を経てクリアすること、働きながら通信講座を受けて資格を取得すること、アルバイトとして現場で経験を積んで採用されるなどいろいろあります。それらの方法について知っておきましょう。

READ MORE
帽子と鞄

保育士の資質

保育士のなくてはならない資質のついてまとめたものです。心がけ次第で子供との接し方や保育士としての責任・姿勢を見つめなおすことができます。それらについてまとめているので保育士として働く・転職する前に今一度見つめ直してみましょう。

READ MORE
保育所

保育士で働くならこんな場所がいい

「勤務するならこんなところがいい!」というビジョンはありますか?保育士として働くといっても勤務地や職場環境によって仕事内容は変わっていきます。どのような業務にやりがいを感じのかは人それぞれです。自分の働きたい理想像などをしっかりと描いておきましょう。

READ MORE
園児と先生

潜在保育士

潜在保育士というものが問題視されています。近年の保育士事情から仕方ないと判断せざる部分もあるのが現状で、ここでは潜在保育士の実態についてまとめています。これから働くという方も決して無関係ではありません。潜在保育士がどんな点で悩んでいるのか知っておきましょう。

READ MORE

[PR]

保育士の採用情報をチェック!
素敵な職業に就く。

子どもと触れ合いたいなら断然保育士!

女性

保育士ってどんな仕事?

一般的なイメージでいうと保育士は、「子どもを世話する仕事」とうい意見が返ってきますよね?しかし、実際はかなり重要性を持った職業です。子どもの世話はもちろん、基本的な生活習慣を身に着けさせる、子ども同士の集団生活で社会性を幼いうちから養う、心と体の成長を手助けする、保護者に成長報告やアドバイスをするなど多岐にわたります。

やりがいを感じられる仕事

保育士の一番の魅力は、子どもの成長が肌で実感できるということです。子ども好きなら成長を間近で感じられることに幸せを感じますし、保護者より触れる時間が長いことも珍しくないのでより子どもの成長をダイレクトに感じることができます。保育士にとって、この瞬間が一番やりがいを感じるようです。

ネットの求人情報を活用しよう

保育士資格を取得してもそれで保育士としての採用が決まったわけではありません。採用情報を見て応募したり、働いている知人の紹介を受けるなど就職活動で様々なアプローチが必要になります。そこで、求人を出している就職・転職サイトを活用してみましょう。利用するサイトによっては就職サポートが充実していますし、業務内容、職場環境、給与、福利厚生など詳細な求人情報がのっていることもあります。ですから、就職・転職を検討している人は積極的に活用していきましょう。また、もし気になる保育園などがある場合は、そちらの採用情報をチェックするのも良いことです。

一人合点してはダメ!自分に合った職場を選ぼう

保育士といっても働く職場環境によってやりがいを感じらるかどうかは大きく変わります。就業時間の長さが自分の生活スタイルとあっていなかったり、むしろがっつり子どもと触れていたいのに担当日が少なく接する機会が少なかったりなど様々な食い違いがあります。割り切らずに自分の希望に合った職場環境を探すというアプローチが時には必要です。

保育士が転職するきっかけ

保育園との方針とそりが合わない!

働いてみて肌で感じたのは大学の講義で学んだ育児論が、現場では需要視されていなくてあまり実践されていないということでした。経営主義になっているようで、もっと子どもがのびのびと成長できる職場で働きたい!を思い、転職することにしました。

保育士同士のムードが険悪

以前の保育園では、新米保育士より育児からの復帰組が多い職場だったのですが「子育てとはこうあるべきだ!」という保育観の押し付けが強く、園の方針からもずれた行動をとる復帰組がいて度々、意見の衝突がありました。園長からのフォローも全然なくて、何より「こんな環境で子ども成長を見守りたくない」と感じたので違う職場を探すことにしました。

仕事内容が理想と違っていてガッカリした

成長を直に感じられるとも思っていたのに、準備などの雑務が多かったり先輩保育士の補助がメインで子どもと直接コミュニケーションが取れない実態に愕然としました。保護者との報告・面談などもこちらが担当することが多かったのでもっと子どもとの距離が近い職場で働きたいと思い、違う保育園を選びました。

もっと働く時間を長くしてほしい

給与、福利厚生に一切不満はありませんでした。ぜいたくな悩みかもしれませんんが、子どものためにアレコレと準備したり、毎日充実した日々を送れるものだと思っていたのに、園の方針で残業は一切できなかったんです。担当する園児と触れる時間も、シフトなどで制限されているのが不満でした。もっと子どものために一生懸命働ける職場がいいと思い、別の仕事場を探すことにしました。

違う業種で働きたいと思った

専門学校の養成課程を経て、実際に保育士として働いていたのですが、次第に子どもの世話をするというより保護者の子育て支援をする業務に携わりたいと思うようになりました。子どもが成長していくうえで本当に長い時間を接するのは保護者です。そんな子どもが過ごす家庭環境の改善を応援する仕事にあこがれを持つようになったこときっかけで転職をすることにしました。